Click Here

Dvorakキー配列は英文入力用としてQWERT(普通の)配列より優れていることが知られています。DvorakをLinux(または他のUnix系O/S)で使うには1)ハードウェア的に専用キーボードを買う、ソフトウェア的に2)コンソールから使う、3)XWindowから使う、3)特定アプリから使う、などがあります。ここではXWindowから、特にxmodmapコマンドで呼び出す方法を中心に取り上げます。Dvorakに限らずキー配列を自分が使いやすいように変更する時にも同じ方法が使えます。Macintoshについては私のホームページにマック用JIS-IIキーボードをDvorakにするソフトウェアがあります。このソフトはvisitwareですから御使用になる場合は私のホームぺ−ジを訪問(visit)して下さい。(あっ、もうしてるか。)他のO/Sについては自分で調べて下さい。

(1) Dvorakを利用するには専用のDvorakキーボード(ハードウェア)を入手するのが一番簡単です。インターネットで探せば通販をしてるところが見付かるでしょう。

キーボード購入に金をかけたくない、あるいは自分のパソコンが非常にマイナーでDvorakキーボードを売ってない、あるいは特別なカスタマイズをしたい時はキーマップをソフトウェア的に書き換えてDovrakを利用することになります。

ただしキー配列の書き換えは失敗すると最悪の場合キーボードからの入力が不可能になります。マウスだけでシャットダウンやログアウトが可能な環境から作業し、失敗したら潔く最初からやり直しましょう。そして何があっても私に文句は言わないように。

(2) Unix系O/Sの場合、Dvorakをコンソールから利用することができます。Dvorak用のキー配列が既にインストールされているかどうか探してみましょう。(Dvorakキー配列がインストールされていなければ、どこかで探して来るか自分で作る必要があります。)もし運が良ければ

$ loadkeys /usr/lib/kbd/keytables/dvorak.map

(ただし具体的にどこにキーマップがあるかはディストリビューション毎に違うようですが。)もっと運が良ければ

$ loadkeys dvorak

といったコマンド一発でDvorakが使えます。このコマンドを/etc/rc.localにでも書込んでおくとデフォルトでDvorakが使えるはずです。普通のキー配列に戻す時には

$ loadkeys /usr/lib/kbd/keytables/jp.map

とかになるはずです。まずはキーマップのありそうなディレクトリを覗いて使えるキー配列を確認してから試しましょう。

(3) Xwindowを立ち上げた後でDvorakが利用可能になるようすることもできます。この場合コンソールはloginだけに用い、その後はずっとXwindowを使うようにするとQWERTでの入力はユーザアカウントとパスワードの入力の時だけになります。Dvorakでは意味のある、しかしQWERTでは全く意味不明な文字列をパスワードに用いるのはセキュリティーの面からも良いことです。運が良ければ

$ setxkbmap dvorak

でDvorakが使えます。/usr/lib/X11/xkb/symbols/dvorakか/usr/X11R6/lib/X11/xkb/symbols/dvorakがキーマップの本体です。この書類を編集すると自分用のDvorakが作れるはずです。またXwindowのデフォルトのキー配列をDvorakにしたい時はXF86Configという書類を探してXkbLayoutの行を

XkbLayout "dvorak"

に書き換えます。使用中QWERTに戻したくなったら、たぶん

$ setxkbmap jp

で良いはずです。キーマップのあるディレクトリを覗いてどういう配列が使えるのか探して下さい。

しかしXWindow用として一番一般的なのはxmodmapコマンドを使うものでしょう。これについては下の<実践編>で説明します。

GUIに慣れ切っていてコマンドラインを打ち込んだりファイルを編集したりしたくない方はJamie Zawinski <jwz@jwz.org>さんの作ったXKeyCapsというソフトを試してみましょう。

他にもJohn D. RamsdellさんとJim Blandyによってcで書かれたX11用のXdvorakというソフトもあります。cでキーボードハックをしてみたい方はどうぞ。このXdvorakにはSGI用の変種もあるそうです。

(4) 特定のアプリケーションでDvorakを使用可能にすることもできます。
例:Neil Jerramさん<nj104@cus.cam.ac.uk>のqwerty.elはemacsでDvorakが使えるようにします。http://www.mwbrooks.com/dvorak/qwerty.el

<実践講座>

まず、適当な名前のファイルを作ります。.dvorakで良いと思います。時々QWERT配列に戻す必要がある場合は同様に.qwertというファイルも作っておきましょう。このファイルがキーマップを定義し直します。xmodmapというコマンドにこのファイルを引数として与えて実行するとキー配列がDvorakになったりQWERTになったりします。

キーマップは二通りの方法で定義可能です。一つはそれぞれのキーにハードウェア的に割り当てられたコードに対して文字を定義します。この場合 "keycode 27 = p P" は27番目のキーを押したらp、27番目のキーとシフトキーを同時に押したらPになります。この方法でキー配列を定義し直すには始めに自分のキーボードの各キーに割り当てられたコードを探す必要があります。

二番目の方法は現在各キーに割り当てられている文字を別の文字に定義し直します。"keysym r = p P" はQWERT(というか現時点)で"r"が割り当てられているキーに"p"と"P"を割り当てます。キーコードを調べなくても良いので楽な方法ですので、ここではこの方法で話を進めます。

keysymの場合、QWERT→Dvorakの時に文字の割り当てを間違えるとDvorak→QWERTにしても間違えが回復しない可能性もありますから慎重に作業を進めて下さい。

Dvorakを使いたいなどという物好きはたぶんあなた一人だけでしょうから.dvorakと.qwertはあなたのホームディレクトリに入れておくものとします。まずは.qwertの作成です。

$ cd
$ xmodmap -pke > ~/.qwert

この.qwertは決していじらないで下さい。次にDvorak用キー配列のファイル.dvorakを作ります。<付録>にDvorakキー配列の例を幾つか揚げておきましたから、“引用”の中身をそのままコピーして新しいファイルに貼り付け.dvorakという名前で保存すればでき上がりです。ファイルができたら

$ xmodmap ~/.dvorak

でDvorak配列が使えるようになります。

ただし<付録>の配列は英文キーボードを前提にしているので、日本語用のキーボードで使った場合は不具合が起きるかも知れません。また日本語用のキーボードといっても何種類もあります。不具合は.dvorakのファイルを編集して直すことになります。編集後の再テストは必ず一度QWERTに戻してからやります。

$ xmodmap ~/.qwert

でQWERTキー配列に戻ります。ただし、例えば編集中にウッカリ"t"のキーを削除してしまった場合"xmodmap .qwer"までしか入力できません。さらに"exit"も"shutdown"も入力できません!。マウスでXWindowの背景をクリックすればコンソールへ逃げることができるはずですから(というかそれが可能な環境でのみ作業して下さい)そこで過ちを修正するか

$ startx

でXWindowを再立ち上げして下さい。xmodmapはコンソールのキーには影響を与えませんし、再立ち上げ後はXWindowのキー配列も普通のQWERTに戻っているはずです。

気に入ったキー配列が完成したら.xinitrcにでも

xmodmap .dvorak

という行を追加しておくとDvorakがあなたのXWindowの(startxでの)デフォルトのキー配列になります。

もしもDvorakキー以外使うつもりがないなら.qwertは捨ててしまうこともできます。.dvorakを.Xmodmapというファイル名に変更して自分のディレクトリに入れておくか、.xinitrcに

xmodmap <<-EOF
keysym 2 = 2 question
keysym 7 = 7 slash
keysym q = apostrophe quotedbl
keysym w = comma less
keysym e = period greater
keysym r = p P
    :
    :
   以下略
    :
    :
EOF

と直接書込んでもデフォルトでDvorakが使えるようになります。

逆にDvorak配列とQWERT配列を頻繁に切り替えて使う予定なら.profileか.bash_profileに

alias asdf "xmodmap ~/.dvorak"
alias aoeu "xmodmap ~/.qwert"

と書込んでおくと左手の小指→薬指→中指→人指し指の順でキーを押すと、使用中のキー配列がDvorakならQWERTに、QWERTならDvorakに変更されるようになります。

<オマケ>

Dvorakなんてどうでもいいよ、一つか二つのキーだけ入れ替えたいという人もいるでしょう。例えば"Delete"と"BackSpace"を入れ替えたい場合は

$ xmodmap -e "keysym BackSpace = Delete" -e "keysym Delete = BackSpace"

とします。間違っても二行に分けて書かないように。ただしkeycodeを使うなら二行に分けることができます。

$ xmodmap -e "keycode 22 = BackSpace"
$ xmodmap -e "keycode 107 = Delete"

毎回コマンドを打ち込むのが面倒なら自分用のキー配列変更表を.mykeyとでもいったファイル名で作成しておいて

$ xmodmap ~/.mykey

で呼び出します。

また.Xresourcesに

XTerm*VT100.Translations: #override\n\
<KeyPress> BackSpace : string(0x7f)\n\

としておいて

$ xrdb -merge .Xresources

とするとxtermの"BackSpace"キーが"Delete"になるそうです。

それ以外にXWindowで"Caps Lock"キーとControlキーを入れ替えるには.mykeyに

remove Lock = Caps_Lock
remove Control = Control_L
keysym Control_L = Caps_Lock
keysym Caps_Lock = Control_L
add Lock = Caps_Lock
add Control = Control_L

と追加します。ロックキーはCaps_Lock以外にControl_Lock、Shift_Lock、Alt_Lock、ALtGr_Lockが使えるはずです。

またCtrl-Cといった組み合わせのキーを押すのが苦手でCtrlキーを押してから"C"を押せば同時に押したのと同じ結果になるようにしたい場合は、まずXサーバの設定で "xkb extension" というのを有効にします。(普通はデフォルトで有効です。)次に

$ startx -- +accessx

でXwindowを立ち上げてシフトキーを5回連続して押すと準備完了。AltやCtrlのキーを押してから文字キーを押すと二つのキーを同時に押したのと同じことになります。普通の入力方法に戻すのもシフトキーを5回連続して押します。+accessxはXwindowの起動スクリプトに書き加えておくこともできるはずです。xdmを使用している場合は+accessxを/etc/X11/xdm/XserversのXwindow起動のところに入れておきます。

またファンクションキーに特定の文字列を割り当てたい時は起動スクリプトに

loadkeys <<-EOF
keycode 88 = F12
string F12 = "emacs "
EOF

と書込んでおきます。これでF12がemacs起動用のファンクションキーとして使えるそうです。その他キーボードのことはhttp://www.tldp.org/HOWTO/Keyboard-and-Console-HOWTO.htmlを参考にしましょう。

<付録>

Jeff Biglerさん<jcb@mit.edu>のDvorakキー配列を参考に引用しておきます。

############# 引用開始 #############
! keysym 1 = 1 exclam
! keysym 2 = 2 at
! keysym 3 = 3 numbersign
! keysym 4 = 4 dollar
! keysym 5 = 5 percent
! keysym 6 = 6 asciicircum
! keysym 7 = 7 ampersand
! keysym 8 = 8 asterisk
! keysym 9 = 9 parenleft
! keysym 0 = 0 parenright
keysym minus = bracketleft braceleft
keysym equal = bracketright braceright
keysym q = quoteright quotedbl
keysym w = comma less
keysym e = period greater
keysym r = p P
keysym t = y Y
keysym y = f F
keysym u = g G
keysym i = c C
keysym o = r R
keysym p = l L
keysym bracketleft = slash question
keysym bracketright = equal plus
! keysym a = a A
keysym s = o O
keysym d = e E
keysym f = u U
keysym g = i I
keysym h = d D
keysym j = h H
keysym k = t T
keysym l = n N
keysym semicolon = s S
keysym quoteright = minus underscore
keysym z = semicolon colon
keysym x = q Q
keysym c = j J
keysym v = k K
keysym b = x X
keysym n = b B
! keysym m = m M
keysym comma = w W
keysym period = v V
keysym slash = z Z
############# 引用終了 ###############

以下はJeff Biglerさんのキー配列のDylan McNameeさん<dylan@cs.washington.edu>による改良版をさらにDon Reedさん<don@alcuin.com, don@veritas.com>が改良したものです。

############# 引用開始 #############
! keysym 1 = 1 exclam
! keysym 2 = 2 at
! keysym 3 = 3 numbersign
! keysym 4 = 4 dollar
! keysym 5 = 5 percent
! keysym 6 = 6 asciicircum
! keysym 7 = 7 ampersand
! keysym 8 = 8 asterisk
! keysym 9 = 9 parenleft
! keysym 0 = 0 parenright
keysym minus = bracketleft braceleft
keysym equal = bracketright braceright
keysym backslash = backslash bar brokenbar
! keysym quoteleft=grave asciitilde
!
! Second row
keysym q = apostrophe quotedbl
keysym w = comma less
keysym e = period greater
keysym r = p P
keysym t = y Y
keysym y = f F
keysym u = g G
keysym i = c C
keysym o = r R
keysym p = l L
keysym bracketleft = slash question
keysym bracketright = equal plus
! keysym BackSpace=BackSpace
!
! Third row
! keysym a = a A
keysym s = o O
keysym d = e E
keysym f = u U
keysym g = i I
keysym h = d D
keysym j = h H
keysym k = t T
keysym l = n N
keysym semicolon = s S
keysym quoteright = minus underscore
!
! Fourth row
keysym z = semicolon colon
keysym x = q Q
keysym c = j J
keysym v = k K
keysym b = x X
keysym n = b B
! keysym m = m M
keysym comma = w W
keysym period = v V
keysym slash = z Z
!
! Convenient other xmodmap hacks--uncomment to use. !
! map the "Backspace" key to "Delete"
!
! keysym BackSpace = Delete
!
! Swap the "Caps Lock" and left "Control" keys. !
! remove Lock = Caps_Lock
! remove Control = Control_L
! keysym Control_L = Caps_Lock
! keysym Caps_Lock = Control_L
! add Lock = Caps_Lock
! add Control = Control_L
############# 引用終了 ###############

以下はAndrew Pimlottさん<pimlott@math.harvard.edu>のDvorakキー配列とQWERT配列です。Andrew Pimlottさんはxmodmap_kludgeというキー配列変換用のPerl scriptも作っています。

############# Dvorak 引用開始 #############
! keysym 1 = 1 exclam
! keysym 2 = 2 at
! keysym 3 = 3 numbersign
! keysym 4 = 4 dollar
! keysym 5 = 5 percent
! keysym 6 = 6 asciicircum
! keysym 7 = 7 ampersand
! keysym 8 = 8 asterisk
! keysym 9 = 9 parenleft
! keysym 0 = 0 parenright
keysym minus = bracketleft braceleft
keysym equal = bracketright braceright
keysym q = apostrophe quotedbl
keysym w = comma less
keysym e = period greater
keysym r = p P
keysym t = y Y
keysym y = f F
keysym u = g G
keysym i = c C
keysym o = r R
keysym p = l L
keysym bracketleft = slash question
keysym bracketright = equal plus
! keysym a = a A
keysym s = o O
keysym d = e E
keysym f = u U
keysym g = i I
keysym h = d D
keysym j = h H
keysym k = t T
keysym l = n N
keysym semicolon = s S
keysym apostrophe = minus underscore
keysym z = semicolon colon
keysym x = q Q
keysym c = j J
keysym v = k K
keysym b = x X
keysym n = b B
! keysym m = m M
keysym comma = w W
keysym period = v V
keysym slash = z Z
############# Dvorak 引用終了 ###############

############# QWERT 引用開始 #############
! keysym 1 = 1 exclam
! keysym 2 = 2 at
! keysym 3 = 3 numbersign
! keysym 4 = 4 dollar
! keysym 5 = 5 percent
! keysym 6 = 6 asciicircum
! keysym 7 = 7 ampersand
! keysym 8 = 8 asterisk
! keysym 9 = 9 parenleft
! keysym 0 = 0 parenright
keysym bracketleft = minus underscore
keysym bracketright = equal plus
keysym apostrophe = q Q
keysym comma = w W
keysym period = e E
keysym p = r R
keysym y = t T
keysym f = y Y
keysym g = u U
keysym c = i I
keysym r = o O
keysym l = p P
keysym slash = bracketleft braceleft
keysym equal = bracketright braceright
! keysym a = a A
keysym o = s S
keysym e = d D
keysym u = f F
keysym i = g G
keysym d = h H
keysym h = j J
keysym t = k K
keysym n = l L
keysym s = semicolon colon
keysym minus = apostrophe quotedbl
keysym semicolon = z Z
keysym q = x X
keysym j = c C
keysym k = v V
keysym x = b B
keysym b = n N
! keysym m = m M
keysym w = comma less
keysym v = period greater
keysym z = slash question
############# QWERT 引用終了 ###############

参考にgenehackさんのDvorak配列も揚げておきます。文字を入れ替えるのではなく、一つ一つのキーコードに新しく文字を割り当てています。一つの変換表の中でkeycode型とkeysym型をチャンポンにして使うのは危険ですから、どちらかに統一しましょう。またマックにLinuxをインストールしている場合、独自のkeycodeを使用している可能性があります。その場合は一番最後の私のキー配列を参考にして下さい。

############# Dvorak 引用開始 #############
keycode 8 =
keycode 9 = Escape
keycode 10 = 1 exclam
keycode 11 = 2 at
keycode 12 = 3 numbersign
keycode 13 = 4 dollar
keycode 14 = 5 percent
keycode 15 = 6 asciicircum
keycode 16 = 7 ampersand
keycode 17 = 8 asterisk
keycode 18 = 9 parenleft
keycode 19 = 0 parenright
keycode 20 = bracketleft braceleft
keycode 21 = bracketright braceright
keycode 22 = BackSpace
keycode 23 = Tab ISO_Left_Tab
keycode 24 = apostrophe quotedbl
keycode 25 = comma less
keycode 26 = period greater
keycode 27 = p P
keycode 28 = y Y
keycode 29 = f F
keycode 30 = g G
keycode 31 = c C
keycode 32 = r R
keycode 33 = l L
keycode 34 = slash question
keycode 35 = equal plus
keycode 36 = Return
keycode 37 = Control_L
keycode 38 = a A
keycode 39 = o O
keycode 40 = e E
keycode 41 = u U
keycode 42 = i I
keycode 43 = d D
keycode 44 = h H
keycode 45 = t T
keycode 46 = n N
keycode 47 = s S
keycode 48 = minus underscore
keycode 49 = grave asciitilde
keycode 50 = Shift_L
keycode 51 = backslash bar
keycode 52 = semicolon colon
keycode 53 = q Q
keycode 54 = j J
keycode 55 = k K
keycode 56 = x X
keycode 57 = b B
keycode 58 = m M
keycode 59 = w W
keycode 60 = v V
keycode 61 = z Z
keycode 62 = Shift_R
keycode 63 = KP_Multiply
keycode 64 = Meta_L
keycode 65 = space
keycode 66 = Caps_Lock
keycode 67 = F1
keycode 68 = F2
keycode 69 = F3
keycode 70 = F4
keycode 71 = F5
keycode 72 = F6
keycode 73 = F7
keycode 74 = F8
keycode 75 = F9
keycode 76 = F10
keycode 77 = Num_Lock Pointer_EnableKeys
keycode 78 = Scroll_Lock
keycode 79 = KP_Home KP_7
keycode 80 = KP_Up KP_8
keycode 81 = KP_Prior KP_9
keycode 82 = KP_Subtract
keycode 83 = KP_Left KP_4
keycode 84 = KP_Begin KP_5
keycode 85 = KP_Right KP_6
keycode 86 = KP_Add
keycode 87 = KP_End KP_1
keycode 88 = KP_Down KP_2
keycode 89 = KP_Next KP_3
keycode 90 = KP_Insert KP_0
keycode 91 = KP_Delete KP_Decimal
keycode 92 =
keycode 93 =
keycode 94 =
keycode 95 = F11
keycode 96 = F12
keycode 97 = Home
keycode 98 = Up
keycode 99 = Prior
keycode 100 = Left
keycode 101 =
keycode 102 = Right
keycode 103 = End
keycode 104 = Down
keycode 105 = Next
keycode 106 = Insert
keycode 107 = Delete
keycode 108 = KP_Enter
keycode 109 = Control_R
keycode 110 = Pause Break
keycode 111 = Print Execute
keycode 112 = KP_Divide
keycode 113 = Meta_R
keycode 114 =
keycode 115 = Alt_L
keycode 116 = Alt_R
keycode 117 =
keycode 118 =
keycode 119 =
keycode 120 =
keycode 121 =
keycode 122 =
keycode 123 =
keycode 124 =
keycode 125 =
keycode 126 =
keycode 127 =
keycode 128 =
keycode 129 =
keycode 130 =
keycode 131 =
keycode 132 =
keycode 133 =
keycode 134 =
! swap alt and meta
clear mod1
clear mod4
clear lock
clear control
add mod1 = Meta_L Meta_R
add mod4 = Alt_L Alt_R
add lock = Caps_Lock
add control = Control_L Control_R
############# Dvorak 引用終了 ###############

最後は非常にややこしいことになっています。マックはADBポートで接続する独自のキーボードを使用して来ました。そのためマックにLinuxを入れると、カーネルがどのようにコンパイルされたかによって、ADB用の独自のキーコードになっているかも知れず、なっていないかもしれないのです。文字を入れ替えるkeysymの場合キーコードの違いは関係ないのですがkeycodeで決め打ちをする場合、間違えたらキー入力不能になります。そういう危険を犯してみたい方、自分のはADBだ、間違いないという方、最後に私のADBキーボード用のDvorakを参考までに紹介しておきます。

############# Mac ABD キーボード用 Dvorak 引用開始 #############
!keycode 8 = a A
keycode 9 = o O
keycode 10 = e E
keycode 11 = u U
keycode 12 = d D
keycode 13 = i I
keycode 14 = semicolon colon
keycode 15 = q Q
keycode 16 = j J
keycode 17 = k K
!keycode 18 =
keycode 19 = x X
keycode 20 = apostrophe quotedbl
keycode 21 = comma less
keycode 22 = period greater
keycode 23 = p P
keycode 24 = f F
keycode 25 = y Y
!keycode 26 = 1 exclam
keycode 27 = 2 at
!keycode 28 = 3 numbersign
!keycode 29 = 4 dollar
keycode 30 = 6 asciicircum
!keycode 31 = 5 percent
keycode 32 = braceright bracketright
keycode 33 = 9 parenleft
keycode 34 = 7 ampersand
keycode 35 = braceleft bracketleft
keycode 36 = 8 asterisk
keycode 37 = 0 parenright
keycode 38 = equal plus
keycode 39 = r R
keycode 40 = g G
keycode 41 = minus underscore
keycode 42 = c C
keycode 43 = l L
keycode 44 = Return
keycode 45 = n N
keycode 46 = h H
keycode 47 = slash question
keycode 48 = t T
keycode 49 = s S
keycode 50 = backslash bar
keycode 51 = w W
keycode 52 = z Z
keycode 53 = b B
keycode 54 = m M
keycode 55 = v V
!keycode 56 = Tab ISO_Left_Tab
!keycode 57 = space
keycode 58 = asciitilde grave
keycode 59 = BackSpace Delete
!keycode 60 =
!keycode 61 = Escape
!keycode 62 = Control_L
!keycode 63 = Alt_L
!keycode 64 = Shift_L
!keycode 65 = Caps_Lock
!keycode 66 = Meta_L
!keycode 67 = Left
!keycode 68 = Right
!keycode 69 = Down
!keycode 70 = Up
!keycode 71 =
!keycode 72 =
!keycode 73 = KP_Decimal
!keycode 74 =
!keycode 75 = KP_Multiply
!keycode 76 =
!keycode 77 = KP_Add
!keycode 78 =
!keycode 79 = KP_Delete
!keycode 80 =
!keycode 81 =
!keycode 82 =
!keycode 83 = KP_Divide
!keycode 84 = KP_Enter
!keycode 85 =
!keycode 86 = KP_Subtract
!keycode 87 =
!keycode 88 =
!keycode 89 = KP_Equal
!keycode 90 = KP_0 Num_Lock
!keycode 91 = KP_1 F1
!keycode 92 = KP_2 F2
!keycode 93 = KP_3 F3
!keycode 94 = KP_4 F4
!keycode 95 = KP_5 F5
!keycode 96 = KP_6 F6
!keycode 97 = KP_7 F7
!keycode 98 =
!keycode 99 = KP_8 F8
!keycode 100 = KP_9 F9
!keycode 101 = bar
!keycode 102 = underscore
!keycode 103 =
!keycode 104 = F5
!keycode 105 = F6
!keycode 106 = F7
!keycode 107 = F3
!keycode 108 = F8
!keycode 109 = F9
!keycode 111 = F11
!keycode 113 = Print Execute
!keycode 114 =
!keycode 115 = Scroll_Lock
!keycode 116 =
!keycode 117 = F10
!keycode 118 =
!keycode 119 = F12
!keycode 120 =
!keycode 121 = Pause Break
!keycode 122 = Insert
!keycode 123 = Home
!keycode 124 = Prior
!keycode 125 =
!keycode 126 = F4
!keycode 127 = End
!keycode 128 = F2
!keycode 129 = Next
!keycode 130 = F1
!keycode 131 = Shift_R
!keycode 132 = Alt_R
!keycode 133 = Control_R
!keycode 134 = Meta_R
############# Mac ABD キーボード用 Dvorak 引用終了 ###############